掃除や修理の負担を解消

薪ストーブ

薪ストーブは当然薪を使用するため、燃焼時に煤が発生します。そしてその煤がドアを始めとして至るところに蓄積して、見栄えを悪くしたり、場合によってはちょっとした風で飛んだりします。そのためメンテナンスによって煤を取り除かなければなりませんが、その作業が好きではない人にとっては負担になりかねません。そんな時に専門家に任せると良いです。また煙突の内側に溜まった煤も取り除く必要がありますが、その際には屋根に上らなければなりません。したがって落下の危険が伴うため、安全に作業ができる専門家に任せた方が無難というわけです。さらに長期的に使用していくと、温度差などの原因で薪ストーブ自体が劣化する恐れがありますが、専門家にはその確認も任せられます。

使用しないタイミングで

部屋

薪ストーブを使用するのは基本的に冬の季節なので、温かい季節には使用する必要がありません。そのタイミングを見計らって、メンテナンスを依頼するのが基本です。そして快適な使用かつきれいな見た目を維持したいのであれば、毎年メンテナンスをするのが理想的です。そうでなくても2年から3年に1度はメンテナンスをした方が良いでしょう。それ以上の期間が空いてしまうと、使用頻度にもよりますが、どこかに不調が出る恐れがあります。

なるべく早く専門家に

薪ストーブ

薪ストーブは季節が変わって使わなくなったら、なるべく早めにメンテナンスをしておいた方が良いです。もし寒くなるまで放っておくと、スケジュールが合わないなどでタイミングを逃してしまう恐れがあるからです。またメンテナンスは煤汚れの他に、錆びや部品の歪みなどもチェックしなければなりません。そういったものを放置しておくと、将来的な不調に繋がりかねないので、早い段階で対策しておいた方が良いです。その判断が自分でできない人は、専門家に任せるのが無難でしょう。

広告募集中