注意が必要な点を知ろう

薪ストーブ

自然の中で生活したいと考えて、薪ストーブの利用を検討している方もいるでしょう。実際に生活の中に薪ストーブを取り入れたいという場合には、注意が必要なポイントが存在しています。その注意点というのが、メンテナンスが欠かせないという点です。定期的な保守点検と掃除によるメンテナンスをすることで、薪ストーブの性能を維持し、安全に利用することにつながります。実際のメンテナンス作業には、日常的に実施する必要があるお手入れと、シーズンオフに実施する煙突掃除などがあげられます。必要な手入れの内容を理解したうえで、安全に注意しながら薪ストーブを利用できるようにしましょう。

日常的に自分で実施する必要がある点

木材

薪ストーブは日々の手入れをさぼると、性能が維持できなくなり安全に使えない可能性もあります。そのため日常的に利用するのであれば、日々の手入れでどのようなポイントに注意する必要があるのか確認しておきましょう。日常的な手入れで必要な点の1つが、ドアガラスの掃除です。ドアガラスにはタールやススの汚れが付着しやすいので、汚れを落としてきれいな状態を維持できるようにしましょう。またストーブの表面部分には、耐熱塗料を使って手入れをする必要があります。ほかにもホウロウの補修やファイバーロープの交換などの手入れが必要です。このような日常的な手入れをさぼると、大きな事故につながるリスクもあるのでしっかりと日々のメンテナンスをすることが大切です。

煙突掃除も忘れずに実施しよう

薪ストーブ

薪ストーブを利用するシーズンが終わったら、忘れずに煙突掃除を実施することが大切です。煙突のメンテナンスが必要な最大の理由は、煙突火災を防ぐという点です。煙を室内に漏れないようにするという役割も担っています。ストーブが燃焼する際に、煙に含まれる煤やクレオソートなどが煙突内部に蓄積すると、煙が室内に漏れるもしくは燃えやすいクレオソートによって煙突火災が起きる可能性もあります。このようなメンテナンス不足による事故を防ぐことが大切です。煙突にどのくらい煤などの汚れが付着しているのかという点は、使用状況によっても異なります。多く使っているほど汚れが付着しているので、しっかりとメンテナンスをして安全に利用できるようにしましょう。また春に手入れをしても、冬のシーズン前に状態を確認することも大切です。オフシーズンに鳥などが巣を作っていることもあるので、使う前に確認して安全に利用できるように点検しておく必要があるのです。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中